忍者ブログ
最真實的虛幻。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

化物語 『 ひたぎクラブ 其ノ壹 』




戦場ヶ原ひたぎ@阪田 まい
阿良々木暦@雪泥

Photo thx 天際
後期協助 thx 列寧










  避けるより、正しい判断だっ……だろう。




 

いや﹑間違つていたのかもしれない。
 
  なぜなら 彼女の体がとても とてつもなく軽かったからだ。

 
そっ﹑彼女戦場ヶ原には…
      およそ体重と呼べれる物がまったくといっていいほど なかったとである。
 

 
不像是開玩笑的,不可思議的,令人害怕的,就像是身體不在這裡一般。
 








 
「羽川さん何を話してよ?」


 













「動かないで」
 








被劫持了。




 
「ああ、違うわ--」

 
 『動いてもいいけわど、とても危險よ』
    よいうのが、正しかったわね


 
 

「好奇心というのは全くゴキブリみたいね」
      「人の触れられたい 秘密ばかりに、こぞって寄ってくる」
 
「鬱陶しくてたまらないわ」



 
「何を?」
「右側が寂しいの?」




「だったら そういってくれればいいのに。」










「まったく 私もうかつだったわ。
まさか あんなところにバナナの皮が落ちているなんて﹑思いもしなかったわ。」
 



 
気づいているんでしょう﹑そっ。」
 
        「私には 重さがない。」
 




「といっても﹑まったくないというわけではないのよ﹑
私の身長体格だと平均体重は40キロ広範強﹑というところらしいだけれど
 実際の体重は5キロ 
 




「中学校を卒業して﹑この学校に入る前のことよ。」
  「1匹のカニにあって﹑重さを根こそぎもって行かれたわ。」

 「あぁ﹑べつに理解しなくでもいいのよ。
  これ以上かぎ回れたらすごうく迷惑だからしゃべっただけだから﹑阿良木君。」
 「阿良木君。」

   「ねえ﹑阿良木君。」


  「阿良々木歷君。」
 


 


 
 

「さって﹑
  私はあなたに私の秘密黙っていてもらうために何をすればいいかしら﹑
 
私は私のために 何をすべきかしら。 」

「口が裂けでもしゃべらないと阿良々木君に誓ってもらうためには
どうやって﹑口を封じればいいかしら?
    とにかく﹑私か欲しいのは沈黙と無関心だ
沈黙と無関心を約束してくれるなら
   一回むなついて頂だい 阿良々木歷君。
 
それ以外の動作はけしてあれ﹑
敵対行動にみなして﹑即戦攻撃に遷れば。」

(點頭)




「そっ﹑ありがとう。」
 












 「悲鳴を上げないよね﹑立っ派だわ。」




 「今回はこれで顔面してあげる。」
 
『おまえ…』







「それじゃ﹑阿良々木君﹑
    明日からはちゃんと私のことを無視してね」


    「よろしくさ。」





完。














『戦争をしましょう』







拍手[9回]

PR
コメントを投稿する
HN

タイトル

メールアドレス

URL

コメント

パスワード